2012年11月15日

偶然に委ねず、自ら選ぶ家族計画

ジョイセフのHPから。
http://www.joicfp.or.jp/jp/2012/11/07/15205/

国連人口基金『世界人口白書 2012』記者発表 〜偶然に委ねず、自ら選ぶ 家族計画、人権、そして開発〜

国連人口基金(UNFPA)は、『世界人口白書 2012』を、来る11月14日(水)(日本時間午後9時)に世界同時発表いたします。今年の世界人口白書のテーマは「家族計画と人権」です。
世界には、個人が自由に責任をもって、子どもを何人、いつ産むかを決める権利、セクシュアル/リプロダクティブ・ヘルス(性と生殖に関する健康)がいまだに満たされていない地域があります。途上諸国の出産可能年齢にある女性8億6700万人のすべてが近代的避妊薬(具)を必要としています。このうち、2億2200万人にはまだその手段が届いていません。このような現状と世界情勢を踏まえ、7月には英国政府とゲイツ財団の共催により、ロンドンで「家族計画サミット」が開催されました。また、家族計画は米大統領選でも、民主党、共和党の争点のひとつとなっており、6日から始まる大統領選挙にも大きな影響を与えています。大統領選の行方によって米国政府から援助を受ける国連機関や途上国のNGOと、ひいてはそのNGOからの支援を待つ貧困の女性たちが深刻な影響を受けることになります。(2012.11.7の記事


こちらは西日本新聞の本日の記事から。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/334159

避妊かなわぬ女性が2億人超える 中絶の原因と国連機関

【ニューヨーク共同】国連人口基金(UNFPA)は14日、避妊具など避妊の手段を使えず望まない妊娠のリスクを抱えている女性が発展途上国で2億2200万人に上ると警告した。貧困、教育の不足のほか、夫の反応への恐れなど女性の権利の理解への不十分さが背景にあり、妊娠中絶を起こす原因になっていると指摘している。

 12年には途上国で意図しない妊娠が8千万件に上り、半数は中絶されると推計。避妊法が広がれば、5400万件は回避できるとした。

 国連人口基金のオショティメイン事務局長は、各国政府が貧困対策や教育などを通じ、家族計画への障壁を取り除くよう求めた。

*******************************************

昨晩発表された世界人口白書2012。
まだネット上で探すには情報が少ないのですが、本日見つけた記事の中で、やはり女性の望んだ妊娠・望まない妊娠への問題は出てきているようです。
今回記事野中でうは【発展途上国の女性】に絞っての記載ですが、じゃぁ日本ではどうなのかな?という疑問も出てくるように思います。

『偶然に委ねず、自ら選ぶ』と言うのは女性だけに限ったものではありませんが、
妊娠がわかった時に不安や後悔より喜びを感じられる女性が増えればいいなぁと思います。


*********************************************
子どもが小学生になって、育児も楽になってきました。
先日、近所の2歳の女の子が私と一緒に買い物に行きたいとかわいく誘ってくれたので
約束を守って2人でデパートへ。
テレビ売り場で流れるトムとジェリーを見て20分。
おもちゃ売り場で遊んで30分。
ロフトでシール選んで30分。
お菓子を選んで30分・・・そして移動は抱っこ。
ランチはゆっくりできるわけもなく。
ほんと、この時期のお子さんを連れての買い物って自分のものをゆっくり見る暇なんてなかったなぁと
思いながら、お付き合いさせていただきました。

ただ、これが2歳児育児真っ最中だったら、毎日の事だったら。
今になってこの時期の育児の大変さを思い出しました。
(翌日腕が筋肉痛になったものです)

まだお子さんが小さいお母様方。
今、ちょっと大変な時期かもしれません。
どうかどうか、ちょっとだけお子さんのペースに合わせながらデパートのディスプレイに
目を向けて一緒に楽しんでみませんか?

IMG00313.jpg

こちらは女の子が気に入ってくれたヴィトンのショーウィンドウ。
タコさんの足だね!上はヘビさんの頭だね!
実はこのディスプレイの前で20分ほどお話している間にたくさんの人に
話しかけてもらいました。

うちの子どもが小さい時にはまだ余裕がなくて、家に引きこもりになりがちだったのだけれど
小さい子とのデートは思いのほか、たくさんの人が声をかけてくれて
しゃがんだ目線にどんぐりが落ちていたりで、発見もたくさんありました。
時々、こうやって育児を見直してみるのもいいなぁと思った1日でした。
posted by がる。 at 13:36| Comment(0) | ニュースから
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。